シャワーの水温が増毛の鍵となります。髪と地肌に最適な水温は、37℃から39℃で、少しだけぬるめの水温です。熱過ぎるお湯は、皮脂を過剰に奪ってしまいます。35℃から36℃では低すぎます。温過ぎると酸化した不要な皮脂まで残ります。

 

 シャワーの水温が増毛につながる

 

* * *

 

シャンプーをするときのシャワーの温度は何度で設定していますか。

 

男性は、皮脂をしっかり洗い流すため、熱いお湯を使っている人が多いと聞いています。40℃くらいのお湯で洗うとすっきりし、爽快感を得られるという意見が、大半を占めているそうです。

 

自分自身のシャワーの設定温度は、お風呂の設定温度と同じ42℃でした。これは熱すぎるということに気づかされました。

 

育毛のためには、40度以上では水温が高過ぎるのです。その理由は、熱過ぎるお湯は、皮脂を過剰に奪ってしまうからです。35℃から36℃では低すぎます。

 

頭皮には、おでこや鼻の2倍の皮脂腺があります。温過ぎると不要な皮脂まで残ります。酸化した汚れ溜まりやすくなります。

 

髪と地肌に最適な水温は、37℃から39℃で少しだけぬるめの水温です。

 

 

 

髪の洗い方

 

* * *

 

髪の洗い方は次の方法を習慣づけてみましょう。

 

● 指先よりも手のひらを使う

 

● 塩素除去のシャワーヘッドを使う

 

● 37℃から39℃の温めの温水

 

● 合成界面活性剤を含まないシャンプー

 

● 指の腹やつめで、頭皮をごしごしまんべんなく擦って、洗い流さないようにする

 

(ごしごし洗うことは、大きな間違いです。顔を洗うときは、優しく洗うように頭皮も同じように洗います)

 

 泡で洗う

 

* * *

 

体も同様に、指の腹を立てて擦ったりはしないで、泡を立てて優しく洗うのが主流になっています。

 

ごしごし洗うと頭皮に傷がつき、頭皮を傷めてしまいます。強く洗うことは、頭皮の乾燥を引き起こしたり、洗いムラも出てしまいます。

 

汚れを落としてくれるのは、シャンプーの泡です。ごしごし擦っても指先は毛穴には入ってくれませんがシャンプーの泡は、毛穴の奥まで入り込んでくれます。

 

シャンプーは手のひらでしっかり泡立てます。

 

 万能型マッサージの耳の上

 

* * *

 

両手のひらのくぼみと両手の指の腹を使い耳の上の頭皮を頭の上の中央のてっぺんに向かって、4回から5回押し上げます。これを行うと結構血流がよくなるのを感じます。

 

同様に後頭部と前頭部も上へ上へと押し上げます。

 

大切な点は決して擦らず重力で引っ張られた毛穴を持ち上げて開くつもりで行うことです。間違って必要以上に強く擦ってしまうと、頭皮を傷つけてしまいますのでご注意ください。

 

毛穴が開けば、自然と余分な皮脂が出やすくなります。「自然と」が要点です。

 

洗いムラが無くなり、血流までよくなります。また今まで髪にとって負の面であったごしごし洗う時間を揉み解しに使うことで、頭皮のケアまでできてしまいます。

 

9-5 頭皮が広がる状態をつくる

 

* * *

 

毛穴が広がる状態をつくっておけば、一つの毛穴から生える髪の量が多くなり毛が太くなるのです。

 

頭皮の色が銀色に見える人の毛穴からは、太くてたくましい毛が数本生えているのを見かけたことがあります。

 

小さい毛穴から生える髪は、少なく細くなってしまいます。薄毛で悩む人が、この毛穴の状態ではないでしょうか。天頂部は、手のひらで顔を洗うようにやさしく洗えば大丈夫です。

 

 頭皮の炎症で痒くなる

 

* * *

 

頭皮が痒くて仕方ないという人は、実はごしごし洗い過ぎて、頭皮が傷つき炎症を起こしていることがほとんどです。

 

ごしごし擦るので炎症が起きる、痒いからもっとごしごし洗う、炎症がひどくなる、という悪循環にはまっているのです。このようなことは、自分自身も陥っていたことに気がつきませんでした。

 

合成界面活性剤入りのシャンプーで洗い過ぎて、善玉の常在菌がいなくなっていることも考えられます。フケが多い人は、ごしごし洗い過ぎていることが多いようです。

 

フケが多い人は、不潔なのではなく、洗い過ぎていた人なのです。

 

頭皮が正常に新陳代謝を行っていれば、剥がれ落ちる皮膚は、目に見えないほど細かいものです。

 

これがフケのように大きな角質細胞が剥がれるということは、ごしごし洗い過ぎて、皮膚が傷ついていたり、皮脂を取り過ぎて乾燥していることが原因だと考えられます。

 

床屋や、美容院に行くと頭皮を隅から隅までごしごし洗ってくれて「痒いところはございませんか?」と聞かれますが、実はあれは洗い過ぎだったのです。

 

洗い過ぎにご注意!

 

まとめ

 

* * *

 

髪と地肌に最適な水温は、37℃から39℃

 

頭皮は優しく泡で洗う

 

ごしごし洗い過ぎて頭皮が傷つき炎症を起こしている

 

毛穴が広がる状態をつくっておけば、一つの毛穴から生える髪の量が多くなり毛が太くなる

 

紹介

 

* * *

 

三菱ケミカル・クリンスイ 浄水シャワー シャワーヘッド SY102-IV

 

プーラ スカルプ シャンプー 500ml 【 天然フレグランス / 頭皮に優しい 】 ヘッドスパ専門店 PULA 自然由来配合