この記事は……。

  • ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの単品購入を考えている
  • 髪にハリやコシがない
  • 髪をふっくらさせたい!

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

単品購入はできる?ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTM

公式サイト↓で確認すると、
現在は単品購入はできないようです。

 

しかし!
定期は解約も可能ですし、現在40%オフのお得なキャンペーン中です!
合わなかったら解約の電話をすればいいだけなので、
単品購入より一度定期で購入されることをオススメします!

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの特徴

100%植物由来!飲む美容サプリメントが「ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTM」です。
古来より有効成分が注目されてきた【キビ】に着目し、
その成分を『髪に生かせるように改良したサプリメント』になっています。
飲むことで髪にハリやコシ、ボリュームをもたらしてくれます。

 

【メリット紹介】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

ケラナットは、ハリ・コシ・ボリュームを改善する!

キビは古来から世界でも有名な育毛成分として話題になっています。
具体的にいうと『ミリアシン』『リポウィート』という成分が
女性の毛髪サイクルを促してハリのある髪をサポートし、髪を育て強く生えて来ます。
これを体内に取り込むことで美しく、ハリやコシのある髪へと導きます。

 

無添加・植物由来のサプリメント

貴重な植物由来の成分を贅沢に配合し、 無添加・天然成分に拘り抜いています。

 

カプセルも希少な植物由来

一般的なサプリメントではカプセル(膜)が動物由来のものを使用していることが多いのですが、
ケラナットTMはカプセルまで植物由来とこだわっています。
そのおかげで余計なアレルギーの心配もありません。

 

老舗天然香料会社が開発

300年以上もの間フランスで美容の有効成分を研究開発している老舗天然香料会社が開発!
特許も取得済み

 

国内GMP認定工場で製造

徹底した品質管理の元で製造しており※GMPを認定しています。
( Good Manufacturing Practice の略。「適正製造規範」のことを言います。GMPが認定された工場は原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」ができているとされます)

 

【安く買える!】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM購入方法

現在お得なキャンペーン価格となっています!
こちらをクリックすると公式サイトにジャンプします↓↓

 

もう髪に悩まない

髪のボリュームがないと老けてみえてしまったり、
頭皮が見えてしまい女性としては好ましくない恰好ですよね。
またコシやハリがないと余計に「ヨボヨボなおばあちゃん」に見えてしまいます。

 

そういった見た目にならないようにするには身体の内側から髪に良い成分を定期的に取り込む必要があります。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMは髪にトータルアプローチし、
強くハリとボリュームを生み出す髪にしてくれます。
今なら特別なキャンペーンも実施中なのでお得な機会を逃さないうちに、
美しい髪を手に入れてください!

 


 

私の髪が抜けずに増えた、冷えとりの方法

 

健やかな髪を育てる、または生やす為には、体内から頭皮に栄養を送ることを考えないといけません。

 

いくら効果のあるトリートメントや育毛剤などのヘアケアをしても、その効果の継続は可能なのでしょうか?たしかに、頭皮環境が整ったり、髪を美しく見せるなど見た目は良くなります。しかし、結果的にみると髪が健康に育つところの根本的な解決には至ってないわけです。

 

健やかな髪を保つためにいちばん必要なのは「頭皮まで栄養を送ることが出来る体づくり」なのです。私自身、それを続けたことで髪の回復が可能になりましたし、何よりも体調そのものが良くなったことを非常に嬉しく思っています。

 

健康づくりのポイントは血流促進にあるとよくいいますが、毛髪の成長においてもそれが全てだと言って良いでしょう。そんな「血液の流れを良くすること」を第一として考え、現在も生活に取り入れている方法が以下のものとなります。

 

食事は腹6〜7分目くらいにする

 

根菜類をバランス良く食べる

 

白米ではなく玄米を食べる

 

コーヒー、お茶は多く摂らず、種類を選ぶ

 

靴下を重ねて履くこと

 

足湯、半身浴をする

 

下半身を温めることを心がける

 

そして、これらの私が実践したことは「冷えとり健康法」の一部でもあることが後に分かりました。

 

「冷えとり健康法」とは?

 

東洋医学での健康法を推奨する進藤義晴医師が考案したものです。病気の原因はすべて内臓の冷えからと起こるとして、内臓を温めることで血行を促進させます。すると体温・免疫力の向上、本来の自然治癒力が回復され健康な身体を維持できるようになる健康法です。

 

・「頭寒足熱」を生活にとり入れる

 

病気というものを西洋医学のように、臓器別・症状別に診ないのが東洋医学ですが、髪の悩みなど原因から根本的に治そうとする場合、東洋医学を取り入れた方法のほうが間違いなく有効だと思います。

 

植毛や発毛剤などは西洋医学にあたりますが、即効性はあっても原因から根本的に治しているとは言い難く、解決には至っていないのです。AGA治療薬はなぜ飲み続ければいけないのか?それを考えると答えが出てきます。

 

そんな西洋医学と相対するような形で始めた「冷えとり」ですが、今の髪の健康維持として充分に活かされています。では「冷えとり」ではどんなことを行なうのかというと、基本的には"頭寒足熱"を生活のパターンにとり入れるようにします。

 

頭寒足熱(ずかんそくねつ)とは下半身を温め、上半身を冷やすことをいいます。そのまま考えると頭を寒くする・冷やすと考えてしまいますが、そうではなく頭を温めないという意味になります。頭部ではなく「お腹より下部を温める」ということですね。

 

・足の冷え、温め方によって薄毛にも美髪にもなる

 

頭寒足熱の方法として、主には足を温めることをします。足を温める目的は体全体の血流が良くなるからです。足つぼマッサージが血行を良くさせることはご存知だと思いますが、足は「第二の心臓」 ともいうように、心臓から送り出された血液が足先まできて心臓へ再び戻すポンプのような役目をしています。

 

 

その足がいつも冷え過ぎていたり、さらに慢性化してひどくなると、血流が滞るなどで様々な病気にかかりやすくなるわけです。高血圧・心臓病・動脈硬化の原因だとか言われますね。

 

個人的には、血流の滞りで頭部に栄養が送られず、毛母細胞の活性も悪くなって抜け毛が起こるという怖さがあります。なので、足の冷え・足の温め方次第で髪の毛が綺麗になったり、抜け毛が多くなったり様々な影響があるわけです。

 

・髪が増えた草g剛さんは冷えとりの実践者です

 

この「冷えとり」を実践している著名人の方が数名いらっしゃいます。中には健康オタクを自称されている方もいますが、皆さん髪がけっこう多いです。

 

数年前から髪が増えたとみられる草g剛さんも健康志向が強く、こちらも冷えとりの実践者ですね。草gさんは私と同じく「靴下の重ね履き」をしていらっしゃいます。

 

以前は髪の薄さが目立っていた草gさんでしたが、現在は髪が増えてとても若々しくなっていらっしゃいます。草gさんのパターンをみても「冷えとり」がとても大切であることがよく分かりますよね。

 

頭皮の温めやツボ押しよりも下半身(足)を温める

 

よく育毛には頭皮マッサージが良いといいます。これは頭皮をしっかり揉み込み、温めつつ血流を促すというものですが、実はそれよりも先にやっておくべきことがあります。それは下半身や足を先に温めることです。

 

私の経験でいうと、頭皮だけ温めてもダメなのです。本気で育毛すると考えるのであれば、普段から下半身・足を温めておく必要があります。

 

・これまでの「頭寒足熱」の生活習慣がだんだん効いてきた

 

「頭寒足熱」というのは、先述のとおり東洋医学から来ている考え方ですが、これは「頭は温めず、足を温かく」のことを意味しています。

 

東洋医学では、人の身体は「気・血・水」の要素が巡っているという考え方ですが、たしかに体内の循環を考えると、足を温めて血流を促し、頭が涼やかでいるという頭寒足熱の状態がいちばん理想だと感じています。

 

美髪が目的だったり、育毛や発毛・抜け毛予防にしても、この循環というものがうまくいっていないとなかなか難しいです。

 

頭寒足熱の本来の意味は「頭部のうっ血した血液を下に流すこと」なのです。うっ血状態の頭を正常な血流状態にし、冷えた足を温かくする。つまり、体内を循環する『気・血・水』の流れというのが大切で、頭や頭皮だけ温めてもダメなのです。

 

毛染め・ヘアカラー

 

私も若いころはブリーチをしたり、一度金髪にまでした経験がありますが、頭皮にとってこれほど痛めつける行為はないと思います。

 

最近では、白髪がかなり目立ってきましたので、白髪染めをそろそろ考え始めているのですが、できたら毛染めはしないほうが良いだろうということで思いとどまっています。

 

間違いなく頭皮にとって毛染めはしないほうが良いです。

 

理由は、まず毛染料には合成化学物質が入っており、皮膚がただれる危険があります。

 

さらに毛染め薬にはほぼすべてと言っていいほど有害な物質が含まれているからです。

 

美容室や家で髪を染めるときに必ず、ビニール製の手袋をしますよね。

 

あれは手が汚れるからだけではなく、手の皮膚がただれたり、かぶれたりしてしまうからです。それだけ人間にとって、有害だということの証明です。

 

余談ですが、私の知人に美容師がいて、その人はもともと肌が弱かったのですが、仕事で毛染料を使用しているうちに手がどんどんただれて、水に直接も触れることさえできなくなり、挙句の果てには美容師を辞めざるを得なくなってしまいました。

 

それほど強烈だということです。

 

このような事実からしてみても、髪を染めることは、育毛や発毛においては自殺行為といえます。

 

もちろん白髪染めも同じくです。

 

塩素水がもたらす弊害

 

* * *

 

塩素は、水中の有機物と反応すると発がん性物質のトリハロメタンができてしまうのです。

 

塩素を除去しない温水洗浄便座は、直接肛門に噴射するので大腸がんを増やしたのではないかと言われている説もあります。それ以外にも肛門を洗浄し過ぎて皮膚常在菌を無くしてしまうのも原因の一つです。

 

 塩素は一瞬で髪や頭皮に吸収される

 

* * *

 

水道水に含まれている塩素が髪や皮膚にどれだけ吸収されているか一目でわかる方法を、次のように説明されています。

 

水に溶かすと塩素に反応してピンクの色がつく残留測定試薬という薬剤を使う実験です。先ず蛇口から出したばかりの水に、この薬を入れてみます。鮮やかなピンク色になります。

 

カップを二つ用意します。水道水をカップに入れます。

 

一つのカップに髪の毛を十分浸します。もう一つのカップには、指を10秒間差し入れたままにします。両方のカップの水に、この薬を入れてみます。

 

水には、ほとんどピンクの色が付きません。たった10秒ですが水道水に含まれる塩素が髪の毛や皮膚、頭皮にほとんど吸収されたのです。水道水の水から塩素が一瞬のうちに髪の毛や皮膚に移動してしまったわけです。

 

髪を洗う水から塩素を除去する

 

* * *

 

育毛を真剣に考えているのなら、塩素は除去しなければなりません。塩素除去は難しいと考えていますが、実はそんなに難しいものではありません。

 

シャワーヘッドを塩素除去するものに取り換えるだけです。これだけ簡単なので、すぐ行動に移せない人が多いのも事実です。紹介欄に用意しましたので是非ご覧ください。

 

一旦接着してしまうと、これまで浴びていた塩素を取り除くことができます。シャワーヘッドの交換は、今までご説明した通り必要なことです。

 

育毛を本当に考えているのであれば、それを取りつけてください。日本の水道水は、とても清潔ですが、それを保っているのは塩素だということを忘れないでください。

 

「シャワーヘッドを替えただけで痒みが無くなった」「髪に艶とこしがでてきた」などの多くの喜びの声が挙がったとのことです。

 

塩素除去のシャワーヘッドに交換するだけで、効果がすぐでるようです。

 

しばらく塩素除去シャワーヘッドを使用した方から、髪が増えたという報告も受けています。塩素を取り除いただけで相当な効果が得られるようです。

 

塩素除去のシャワーヘッドは、ホームセンターやインターネットで購入できます。

 

育毛というと育毛剤が浮かんできます。現在、万人に効く育毛剤がないので育毛剤にお金をかけるよりも、塩素を髪の毛や頭皮に取り込まないようにする手段を用いるほうにお金をかけたほうがよろしいようです。

 

塩素除去のシャワーヘッドは定期的にカートリッジを交換する必要があります。その時期を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

 

* * *

 

水道水の塩素基準は0.1ppm(パーツパーミリオン)以上の濃度を保つ

 

塩素の目的は水道水の中にいる病原菌などを殺し消毒する

 

塩素は一瞬で髪や頭皮に吸収される

 

シャワーには塩素除去のシャワーヘッドを取り付ける

 

 

 


更新履歴